濡れマスクって扁桃炎対策に効果があるの?

マスク

「扁桃炎」に悩まされたことのある方は多いのではないでしょうか。
なお、別名「扁桃腺炎」と呼ばれることもある「扁桃炎」は、厳密なことを言うと「急性扁桃腺炎」と「慢性扁桃腺炎」の2つに分類することができます。
特に「急性扁桃腺炎」は普段その症状とは無縁の人が急に発症する状態をいい、一方で「慢性扁桃腺炎」については慢性的にその症状が出てしまっている状態を指し示す言葉です。

そんな「扁桃炎」の具体的な症状としては喉の急激な痛みがその代表です。
そのため、急性はもちろんのこと慢性扁桃腺炎になってしまうとひどい場合日常の食事を摂ることも困難になってしまう点には注意が必要です。
故に日ごろからその対策し予防するのがおすすめです。

その予防の際にポイントとして知っていただきたいのが、「扁桃炎」が移ることがあるのかいう点です。
多くの人が誤解しがちですが「扁桃炎」が人に移ることはまずありえません。
つまり「扁桃炎」の症状に苦しんでいる人の近くにいっても全く問題はないのです。
逆に言うとそのような人との接触を避けても意味はありません。
ただし、「扁桃炎」にかかったことを原因に引き起こされたウイルスや細菌が人に移る可能性がある点には注意してください。
つまり、これら菌によって間接的に感染する可能性はゼロではないということです。

そのため、その予防方法としては一般的な風邪同様「濡れマスク」などを使用するのがおすすめです。
その際にはウイルスの侵入をカットしてくれるフィルターとしての役割が期待できる「マスク」をさらに濡らすことが重要です。
これは、濡らすことでマスクにフィルターに加えて喉を潤してくれるスチームのような効果を期待できるのです。
その結果、一気にその感染リスクを下げることができるのです。
ぜひウイルスのカットに加えてスチーム効果で乾燥予防も期待できる「濡れマスク」を駆使することで喉の乾燥を予防し、その感染を防ぎましょう。

そのほかの扁桃炎の予防方法とは?

「扁桃炎」の対策としてはほかの風邪の予防にもつながる「濡れマスク」を使用する方法がおすすめですが、それ以外にも日ごろからその対策として心がけるべき行動はたくさんあります。
そのいずれも「扁桃炎」以外の様々な風邪予防にも効果があるものばかりですので、ぜひ参考にしてみてください。

具体的にその対策として行っていただきたいのは、そもそも菌をできるだけ体内に侵入させないようにする、というものです。
これは「扁桃炎」は細菌とウイルスによって引き起こされる病気であることに由来します。
つまり、そんな感染の原因となってしまう菌を体内に侵入させないことがその予防に最も効果的と言えるでしょう。

おすすめしたい行動としては、定番ではありますがこまめに手を洗い細菌を手から落とすことを常日頃から心がけるというのが重要です。
さらにその際にはうがいをしっかりしてできるだけ口や喉をしっかりと除菌しましょう。
その際に、可能であれば専用のうがい薬を使うとよりその効果をたかめることができておすすめです。
また、健康管理において基本となる「睡眠時間」をしっかりとるということも重要です。

当たり前ではありますが、疲れている身体は菌からの攻撃を受けやすくなるため注意が必要です。
しっかりと睡眠時間をとることでできるだけ身体を元気な状態に保つことも非常に有効な「扁桃炎」対策と言えます。

さらに気になる人や喉をよく使う仕事をされている方は空気清浄機を使用し室内の空気をきれいにするようにするのも良いでしょう。
ぜひ参考に厄介な「扁桃炎」と無縁の元気な毎日を送ってください。
このいずれも風邪対策にも有効なのでぜひ今すぐ実践しましょう。