扁桃炎にクラビットはおすすめ

カプセルと錠剤

クラビットは、扁桃炎など様々な病気に効果がある医薬品です。
主成分は「レボフロキサシン水和物」で、黄色の楕円形錠剤になっています。
ニューキノロン系の経口抗菌製剤で、感染した時に細菌のDNA複製を阻止することができ殺菌作用を示すことが可能です。
扁桃炎や皮膚感染症、呼吸器感染症や泌尿器感染症、婦人科感染症や耳鼻科感染症など幅広い治療に使用されています。
尚、いくつか注意しなければいけないこと、また、医師や薬剤師と相談したり伝えておくべきことがいくつかあります。

例えば、以前、薬を使用した際にかゆみや発疹といったアレルギー症状が出たことがある人や、腎機能障害や心疾患などの人は、事前に医師と相談した方が良いでしょう。
不整脈や虚血性心疾患、てんかんといった痙攣性疾患がある人も対象です。
小児や妊娠・妊娠している可能性がある人も注意が必要です。
他に薬を使っていると互いに作用を強めることがあります。
使用している一般用医薬品や食品なども含めて注意しましょう。

服用方法について成人の場合は1回2錠を1日1回服用し、感染症の種類や症状によって適宜減量することが可能です。
肺結核や他の結核症に関して、他の抗結核薬と併用されることが多くあります。
腸チフスやパラチフスの場合、通常成人なら1回2錠を1日1回14日間服用することが可能です。

飲み忘れた場合気がついた時に早めに飲むことをおすすめします。
尚、飲む時間が近い場合忘れた分は飲まないで、1回分を飛ばしても大丈夫です。
2回分を一度に飲んでは絶対にいけません。
服用方法を守って誤って多く飲んだら医師や薬剤師に相談し、医師の指示なしに自己判断で飲むことを止めないようにしましょう。

副作用の少ない医薬品になるので主な副作用として、発疹や不眠、めまいや頭痛、吐き気、嘔吐や、下痢などがあげられます。
腹部不快感や腹痛なども報告されており、このような症状があると医師や薬剤師に相談しましょう。

ネット通販を利用すると便利

クラビットは40種類以上の細菌性疾患に対応することが可能です。
扁桃炎の治療薬としてよく用いられていますが、クラミジアなどにも効果があります。
呼吸器科や耳鼻科領域において高い有効率が実証されており、幅広い分野において利用することが可能です。
ジェネリック医薬品にはレボクインがあり、レボクインはニューキノロン系抗菌薬であるクラビットの後発品になります。
先発薬と同じくレボフロキサシンが配合され、扁桃炎や尿道炎・子宮頸管炎などの40種類以上の細菌性疾患に適応しています。

レボクインはクラミジア属の細菌はもちろん、歯周病の原因であるレンサ球菌といった様々な菌種に抗菌力を持っている抗生物質のレボフロキサシンが主成分です。
臨床試験においてクラビットと同様の有効成分を配合したレボクインは、クラビットに劣らない効果を発揮しています。
レボクインを上手に活用することで、いろいろな細菌感染症を治療することが可能です。
服用方法として成人の場合はレボフロキサシンとして500mgを1日1回投与します。

レボクインは病院で入手することができますが、インターネット通販を利用して個人輸入代行業者から注文することが可能です。
ネット通販にはいろいろな個人輸入代行サイトがあるので、自分に合ったサイトを利用することができるでしょう。
いろいろな医薬品やサプリメントが売られているので、かなりお得な価格で購入することが可能です。
キャンペーンやセット商品を注文するとコストを抑えることができます。
自宅にいながら世界中の医薬品を注文することができ、先発品やジェネリックなども取り扱っているので好きなアイテムを選択でき便利です。