扁桃炎で点滴治療が必要な時

点滴

風邪をひいてのどが痛いと思っていたら扁桃炎を起こしているという可能性もあります。
ひとの体にはのどの入り口を取り囲むように咽頭扁桃・耳管扁桃・口蓋扁桃・舌扁桃という4つの扁桃があり、鼻や口から細菌やウイルスが体内に侵入するのを防ぐ働きをきています。
扁桃炎はこのうちの主に口蓋扁桃が細菌やウイルスによって炎症を起こしている状態です。

症状は高熱や倦怠感、関節痛など風邪と同じような症状が多くみられますが、のどの痛みが強いのが特徴です。
口を開けてのどを見ると、口蓋扁桃が脹れて白い点々が付いているのが見えます。
のどの痛みはものを飲み込む時に特に強く、食事がとりづらい場合もあります。
また、扁桃炎が進行して口蓋扁桃の周囲にまで炎症が広がって扁桃周囲炎をおこしたり、膿がたまって膿瘍ができたりすると食事が食べられなくなったり、ひどくなると水も飲めなくなることもあります。

原因となる病原体では溶連菌が最も多く、その他に黄色ブドウ球菌や肺炎球菌、エンテロウイルス、アデノウイルスなど多種の細菌やウイルスが原因となります。
その中でも溶連菌は急性糸球体腎炎やリウマチ熱などの合併症を引き起こしやすいため注意が必要です。

扁桃炎は自然治癒も可能な病気です。
実際に風邪だと思っていて特に治療をしなくても治っていたという場合もあります。
しかし症状が強い場合には症状を緩和する目的や、合併症を予防するために治療が行われます。
治療にはのどの炎症を改善するためにうがいや吸入の他、消炎鎮痛剤なども使われます。
発熱に対しても消炎鎮痛剤は有効です。

また、原因となっている菌に対して抗生物質が使われることもあります。
食事がとれていれば飲み薬で治療ができますが、食事がとれないくらいになると入院して点滴治療が必要です。
膿がたまって膿瘍ができていれば針を刺したり切開して膿を出す処置が行われることもあります。
年に複数回扁桃炎を繰り返すような場合には扁桃を摘出する手術も検討されます。

点滴治療の目的や期待される効果

ひとの体には病気や怪我を自力で治す自然治癒力という力が備わっています。
病気や怪我を早く治すには十分な栄養や休息をとって体力をつけることが基本となります。
前述のとおり扁桃炎は自然治癒も可能な病気で基本の部分は変わりませんが、症状や全身状態によって必要な治療が選択されます。

通常、食事がとれていて内服薬での治療が可能な場合にはそちらが優先されます。
食事がとれないなど重症であったり、全身状態が悪い、合併症の危険が高いなどの場合には入院して点滴治療が行われることもあります。
点滴での治療は内服治療と比較して即効性があるという特徴があります。
そのため、症状が重い場合、即効性が求められる場合などに点滴治療が選択されます。

のどの痛みが強く食事や水分が十分にとれない場合には点滴が必要になります。
点滴を行う目的のひとつに水分補給や栄養の補給があります。
食事がとれないと栄養不足が心配されますが、それ以上に注意が必要なのは脱水状態です。

私たちが普通に食事がとれている場合、食事から栄養だけでなく食べ物に含まれている水分も同時に摂取しています。
そのため、食事が十分に食べられない時には普段より多めの水分を飲む必要がありますが、扁桃炎でのどの痛みがある場合には十分な水分摂取も難しくなります。
その上、発熱があるとより脱水症状を引き起こしやすい状況にあり、水分補給が大事になります。
そのため脱水症状の改善や予防のために水分補給を目的として点滴が行われます。

また、食事がとれず薬も飲めないような状態であれば抗生物質の点滴も行われます。
点滴では薬が直接血液中に入るため内服治療に比較して即効性があり、重症の場合でも比較的短期間で症状の改善が期待できます。